スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

海へ出るつもりじゃなかった

カテゴリー: プレイ日記

 プレイ日記です。以下のクエストのネタバレが含まれています。

・An Unexpected Voyage



02-01.jpg

 街にたどり着いたのは、既に真夜中を回ったときだった。もちろん商店などとっくの昔に閉まっている。手持ちの大して多くもない品を処分して路銀の一部なりとも作りたい所だったが、それは朝まで諦めざるを得ないようだ。

02-02.jpg

 門を守る衛兵に宿の場所を教えてもらい、一番近くの宿に向かう。Merchanter's Innという名前そのままの商人宿だ。宿泊料は20Septimだという。……所持金78Septimの身にはきつすぎる値段だな。食事のことなども考えると2日ですっからかんになってしまう。
 既に深夜というより早暁といっていい時間になっていたこともあり、今夜は宿泊を諦め朝を待つことにした。……せめて食事だけは取らせてもらおう。

 一息ついた後、探索がてら夜の街中をぶらついて回る。二区画を回ったところで夜も明けてきたので、店が開いた頃合いを見計らって商業地区に戻り、必要なものだけを手元に残して手持ちの武器や薬、ゴブリンから奪った傷物の宝石などを売り払うと多少はまとまった金が手に入った。とはいえ、JauffreがいるというWeynon修道院へ向かうための路銀としてはまだぎりぎりだし、何よりも今のぼくにはJauffreと会った後の生活の当てがまったくない。もう少し街中を回って、今後の見通しをつけておきたいところだ。

 Elven Garden地区、Talos地区、寺院地区と順番に廻り、最後にWaterFront地区に来たのはもう午後も遅くなってのことだった。しばらく周囲を見て回るうちに日が落ちてくる。秋の日はつるべ落とし。暗くなってしまう前に今日はここで宿を確保した方がよさそうだ。そういえば衛兵が、この辺りに安い宿があると言っていた事を覚えている。もっとも、『あまりお勧めしない』とも言われていたが……手持ちの金を考えるとこちらとしても背に腹は代えられない。

 目的の宿を見つけるのには少々時間を要した。なんと、地上に建てられた建物ではなく船を改造した水上酒場だったのだ。

02-04.jpg

 中に入ると、Altmerの主人とOrcの用心棒、そして談笑する何人もの客が眼に入った。結構繁盛しているようだ。果たしてベッドが空いているか不安になったので早速主人……Ormilと名乗った……を捕まえて確認してみたが、彼らのほとんどは食事のためにここに来ており、ベッドはまだ空いているとのことだった。宿泊料も10Septimと昨夜の商人宿の半額だったので、まずベッドを予約させてもらってから食事を取ることにした。出された食事は、値段のことも考えるとなかなか美味で量も十分、これなら酒場の繁盛ぶりも納得できる。ここは結構当たりだったかも知れない。
 ……このときは本当にそう思っていたのだ。

02-05.jpg

02-06.jpg

02-07.jpg

 食事がてら、居合わせた客達と会話して回る。

02-08.jpg

 鎖帷子を着込んだ戦士風の彼は、Matthias Draconis。Ayleid遺物のコレクターである大富豪、Umbacanoなる人物のボディガードを務めているそうだ。珍しいAyleid遺物があれば買い取ってくれるし、仕事の依頼ももらえるかもしれないとの事だったが……当分は縁のなさそうな話だ。もう少し名と腕が上がってから考えさせてほしいというと、自分が言うのもなんだがいつでも来てくれていいと言ってくれた。

02-09.jpg

 ゴタゴタした安酒場の雰囲気にはいささか不似合いな、白銀に輝く衛兵鎧もまばゆい彼はHieronymus Lex。帝都衛兵隊長の一人で、主にWaterFront地区の治安維持を担当している。巡回時間の都合上、夕食にここを利用することになったが、料理が気に入って常連客になっているとの事だ。

02-10.jpg

 年の頃ならぼくと同じかやや年上に見えるBosmerの彼女はMethredhel。一旗上げるためについ最近帝都に出てきたのだという。ぼくがこれからの生活の当てがなくて困っていると話したところ、戦士ギルドがメンバーを募集していると教えてくれた。

02-11.jpg

 もっとも、彼女自身には何か別の当てがあるようだったが……。

 気がつけばMethredhelと、Lex隊長の3人とで随分盛り上がってしまっていた。既に夜も更け、他の客はとっくの昔に帰ってしまっている。いいかげん酔いも回ってきたので、借りていた客室に転げ込むことにした。

02-12.jpg

 ……いや、まあわかってはいたんだ。一泊10Septimだし、場所からして船底の船倉内だしね。ちゃんとベッドとテーブルがあるだけでも、安宿としてはまだマシな部屋かもしれない(それが全くの事実であることを知るのにそう長い時間はかからなかった)。ここ数日まともに寝ていないこともあって、ぼくは早々にベッドにもぐりこんで眠りについた。

 ふと目が醒めた。感覚的にはまだ真夜中を少し回ったころだ。朝まで眠るつもりだったんだけどな……。損をしたような気持ちになりながら、船の心地よい揺れと船腹に寄せる波の音を子守唄代わりに、もう一度眠りに身を委ねようとしたところでようやく気が付いた。何でこの船出港してるんだよ。
 ギョッとなって飛び起きると、隣で身を起こしたMethredhelと目が合った。やはり不安そうな表情をしている。

02-13.jpg

「出港してる……よね」
「ええ。……何が起きてるのかしら」
 二人で顔を突き合わせて悩んでいても仕方がない。できるだけ音を立てないように船室の扉を開け、外に忍び出たところで、いきなりどこかヌボーっとした顔の若いNordの男と顔を突き合わせる羽目になった。

02-14.jpg

「おい! おめぇどこのOblivionから湧いて出た? Blackwater Brigandsの人間には見えねえぞ!」
 Blackwater Brigands……。ええと、つまりそいつらにこの船が乗っ取られたって事か?
「……只の客だよ」
「何ぃ? オラは船には二人しか乗ってないって聞いたべ。用心棒の奴は倉庫に押し込めて、彼女が船長を押さえる。で、あんたが残ってる。ああ、もっかい聞くべ。おめぇ誰だ?」
 頭痛くなってきた。要するにあのOrcを倉庫に閉じ込めた後、客室をチェックしなかったのかこいつは。まあ、チェックされてたらこっちがたまらないが、にしてもねぇ……。
「賊の仲間だよ」
 ……とはいえここまで間抜けだとうまく騙されてくれるかも知れないし、駄目もとで試してみるか。
「仲間はオラたち4人の他はいねえべ。Blackwater Brigandsがいきなり新しい奴を入れるなんてありえねぇ。3ヶ月前にBrigandsを結成したとき、儲けはこの4人以外では分けねぇって決めたべ。嘘つくのは止めて、ここで何やってるか言いねぇ!」
 賊は4人、リーダーは女性でそいつはオーナーのOrmil氏を押さえてると。その他色々、よくここまでしゃべってくれたもんだ。どうせならこのまま騙されてここを通してくれたらいいんだけど……さすがに無理か。
「もう言う事はないよ」
「だったらこの剣でおめぇの口を割らせてもらうことになるなぁ!」
 そういうと、剣を抜き放って斬りかかろうとしたが、その瞬間彼の肩口に短剣が突き立った。ぼくの背後で扉の陰に潜んでいたMethredhelが放ったのだ。よろめいたところに踏み込んで剣を振り下ろすと勝負はあっさりとついた。

02-15.jpg

「何だ今の物音は! 何が起きた?!」
 同時に大きな音がして、ぼくらが泊まっていた船室の隣の部屋から大きな人影が飛び出してきた。驚愕とともに振り向いた視線の先にいたのは……。

02-16.jpg

 Lex隊長、あなたも降り損ねたクチですか……。

 倒したNordの賊Lynchの持ち物を探ると、倉庫の鍵とメモを持っていた。

『Lynchへ。お前への指示は、船底のデッキに侵入してそこの部屋を全て制圧することだ。Minxの邪魔をしないこと。彼女は一人で自分の仕事を片付けられる。船を沈めたら、3日後にBravilで落ち合う事を忘れるな。内容を憶えたら、このメモを確実に破棄すること S 』

 ……突っ込まない、突っ込まないぞ。
「こいつ、この内容を憶え……?!@☆!!!」
 空気を読まずに口を開きかけたLex隊長の足を、ぼくはブーツの踵で思い切り踏んづけて黙らせた。抗議の視線で睨みつけてくる彼に向かって、黙って首を振って見せる。
 ……口に出してしまったら負けだよ、隊長。

 通路の突き当たりの倉庫の扉を、内側から激しく叩く音がする。そういえば用心棒を閉じ込めたって言ってたっけ。
 Lynchから奪った鍵で扉を開けると、予想通りOrcの用心棒兼操舵手、Graman gro-Marad氏が閉じ込められていた。やれやれ、これで後は彼に任せれば港に帰れそう……。
「貴方様が上甲板を制圧してくだされば、私が舵を取れます」
 ……はい?
「私はこのような危険には慣れておりませんので」
 ……君は用心棒じゃなかったっけ。
「私は酔っぱらいの田舎者の扱いには慣れておりますが、武装した賊はちょっと……」
 ……勘弁してくれ。
 確かに操舵手でもある彼に、死なないまでも大怪我でもされたら、港に戻るにも大きな支障が出る。こちらにはMethredhelに加えLex隊長までいるし、相手は分散しているようだから一人ずつ制圧していけば船を奪還するのはそれほど難しくはないかも知れないが……客に何てことさせるんだよ。
「Guardとしてはこの状況は捨て置けん。無理しなくても私が片付けてもいいぞ」
 了解、隊長。敵の気を引くのはこちらでやるから、斬った張ったはよろしく。

 が、結局結論から言うと……。

02-17.jpg

02-18.jpg

 Lex隊長どころか、Methredhelの出番すらなかった。よくまあこんな腕で乗っ取りなんて計画したものだ。
 舵輪を押さえていたWrathというNordの賊を倒すと、Graman氏が操舵甲板に上がってきた。ちなみに、Wrathによると彼らの目的はGolden Galleonと呼ばれる財宝らしい。しかしまあ……。

02-19.jpg

 360度どちらを見渡しても見事に海。暗くてはっきりと見えないが、水平線まで島影の一つもない様子。一体どこまで船を出してくれたんだ。
「危険はなくなったようですので、私は舵輪を受け持つといたしましょう。ですがOrmil様の安全が確保されるまでは、この船を1インチたりとも動かしはいたしません」
 ……やれやれ。

02-20.jpg

「アンタは誰? どうやってここに忍び込んだのよ」
 Wrathから奪った鍵で扉を開けて船長室に入ると、予想通りImperialの女性と顔をつきあわせることになった。
「Wrathから鍵を手に入れたからだよ」
 彼女がSeleneか。……月の女神なんてコードネームをつけているのに、ポッチャリ型だとは思っていなかった。うーん、やっぱり名前負けしてない?
「Wrathがだって? 奴には舵輪を守って、誰とも話すなと言っておいたのに。アンタ誰よ?」
「仲間だよ」
 バレバレの嘘もいいとこだけど……何故かこの連中、こう言うと聞かれてもいないことまでべらべらとしゃべってくれるんだよね。
「ハ! アタシ達は誰も紛れ込まないように鉄の掟を結んだ。ちゃんとそれを憶いださせるぞ。その約定を結んだのは……」
 Selene……君も期待に違わないか。
「三ヶ月前だっけ?」
「何てこと、秘密を守れる盗賊はいないのかしら? じゃあ我々が何故Bloated Floatを乗っ取ったのかもお見通しって訳?」
「Golden Galleonを手に入れるためだろう?」
「ど、どどどどうやってそのことを知ったのよ?! いいわ、アンタを始末したら、船に穴を開けて隠れ家に向かうもの。誰にもバレやしないわ」
「Bravilだよね、その隠れ家があるのって」
「ま、また? そこまでアンタがアタシらの計画を知っていたなんて。Lynchは全部の客室を調べなかったのね。アンタは下の部屋に隠れていてここまで上がって来たのね。どうやってLynchとMinxとWrathの眼を逃れてきたのよ?」
「……彼らの眼を逃れることはできなかったんだ。おかげで随分血なまぐさい展開になってしまったのは確かだね。……彼らを殺したい訳じゃなかった。残念だよ」
「そんな馬鹿な! あなた一人で三人を倒したっていうの?」
「いや、まあLex隊長もいたけど」
 いたけど、手を出す必要もなかったとはさすがに言いかねた。
「Lexですって? う、嘘でしょう?!」
 うん、やはり彼の名の威力は絶大。
「隊長?」
「やあ、善良な市民よ。何か私に手伝えることはないか?」

02-21.jpg

 ぼくの呼びかけに応え、のっそりとキャビンに現れる人影一つ。
「紹介するよ、隊長。彼女はSelene。この乗っ取り事件の主犯格らしいんだけど、どうやら逮捕に抵抗……」
「しません! 降伏します! 今します! すぐします!!」
 Seleneが悲鳴のように叫んだ。剣を腰から外すと、鞘ごとこちらに放ってよこす。
「そうか、それは残念だ」
 Lex隊長は小さく落胆のため息をついた。なお諦めきれない表情でSeleneを見遣る。
「なあ、今からでも気を変えるつもりはないか? 何もせずに捕まるなんてつまらないだろう」
「……!!!」
 Seleneは声も出ない。表情を引き攣らせたまま真っ青になってがたがたと震えている。
「隊長、女の子をそこまでいじめるものじゃないよ」
 さすがに気の毒になって助け舟を出す。Seleneはすがるような目つきでぼくを見つめ……。
「ちょっと、その剣は何なのよ?!」
 ぼくが彼女に突きつけた剣尖に動きを阻まれた。
「いや、君がぼくに縋りつこうとしているように見えたから……」
「それはその通りだけど、どうして」
「……万一、背後から短剣でも突きつけられると困るからね」
「…………」
 Seleneは憤然として、足音も高くキャビンを出て行った。そのまま船倉まで降りていくと、自分から船室の扉を明けて中に入る。そして叩きつけるようにして扉を閉じてしまった。
「怒らせちゃったかなぁ」
 彼女が閉じこもった船室に外から施錠し、ついでに扉の前に棚までおいてから、ぼくはLex隊長に向かって口を開いた。
「隊長が彼女を脅しすぎるから……」
「待て、私の所為か?!」
 まあ確かに、ぼくのやり口も誉められたものじゃなかったかもしれない。でもそれで、一人だけでも流血を避けられたんだからいいじゃないか。
「……言っちゃ何だけど『今からでも気を変えるつもりはないか?』っていう、あれは完全に本気に聞こえたよ」
「本気だったんだが、何か問題があるのか?」
 前言撤回。やっぱりこいつが悪い。

 降伏したSeleneを客室に閉じこめた後、事の原因をOrmil氏から聞いたのだが、はっきり言って呆れるしかなかった。この宿Bloated Floatはかつてあまり繁盛しておらず、そこで客寄せのために前の所有者がこの船のどこかに『Golden Galleon』なる黄金像を隠したという伝説をでっち上げたというのだ。後は言わずもがな。Ormil氏は客に被害が出なくてよかったと胸をなでおろしていたが……ぼくやMethredhelも客だっての。Lex隊長は、とりあえずこの話は聞かなかったことにしてくれた。

 Imperial Cityに戻れたのは翌朝だった。到着早々に衛兵達がSeleneを連行していく。何でも彼女には他にも余罪があり賞金がかけられていたとのことで、ぼくとMethredhelがその賞金を受け取れることになった。これら一切を手配してくれたLex隊長は、事が片付いた後で手を挙げながら悠々と去っていった。遠目にもまばゆい日の光を浴びて白銀に輝く鎧が、岸壁の上を遠ざかっていく。
「結構いい男だったかも」
 とはMethredhelの弁。あんなのが好みな訳?
「あんたは違うの?」
「まあ結構男前なのは認めるけど、ちょっと顔が濃すぎるよね」
「……あんたね、その言いにくいことをはっきりと口にする癖直さないと、そのうち友達無くすわよ」
 Methredhelが呆れた。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

-

| [ 編集 ] 2008/07/21(月) 19:21:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

| [ 編集 ] 2010/07/03(土) 07:41:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます











管理者にだけ表示を許可する
http://oblog01llewellyn.blog116.fc2.com/tb.php/2-e6a13a02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。